サラリーマンが転売の利益を確定申告しても会社にばれないようにするための方法とは?

サラリーマンが転売の利益を確定申告をすると会社にバレるの?これかなり心配ですよね。実はある方法を使うとばれにくくなるんですね。反対にこれを実践しないと確実に会社にばれます。

今回は、サラリーマンが転売の利益を確定申告しても会社にばれないようにするための方法を紹介します。

スポンサードリンク



サラリーマンが転売の利益を確定申告してもばれない方法とは?

c777_glasstorousoku_tp_v

サラリーマンが転売の利益を確定申告する際に、注意しないといけないのが”普通徴収”という欄をチェックすることです。この「普通徴収」という欄をチェックしないと副業での税金が本業の会社に通知されてしまう可能性があるのです。

この「普通徴収」という欄をチェックすることで「副業分の税金は自分で直接市役所に払いにいきます」ということになります。つまり会社に副業分の税金の通知が本業の会社にされなくなる可能性が高くなります。

しかしあくまで可能性が高くなるだけです。何かの手違いで市役所から通知されてしまうこともあるようです。先程から「普通徴収」とお伝えしていますが、これは何か?下の図を見てください。

アマゾン FBA 確定申告

実際に確定申告の書類を作成する時に確定申告書第2票というのがあります。その中に上図のように「自分で納付」という欄があります。ここをチェックすることで”普通徴収”にすることができます。

普通徴収をチェックしたら後は副業分の税金を自身で納めることになります。確定申告の際は”自分で納付”をチェックするようにして下さい。

サラリーマンは転売でいくら稼いだら確定申告しないといけないの?

サラリーマンが転売の利益で確定申告をしなければいけない条件と言うのがあります。それが確定申告のページに出ています。→確定申告

・給与所得や退職所得を除く各種所得総額が20万円を超える場合

確定申告の必要な方は、所得総額が20万円を超える場合です。ここでいう所得ですが、以下のものを表します。

所得=「売上(アマゾンの入金額)」-「仕入れなどの経費」

この所得が20万円を超える場合は確定申告の必要があります。ここで注意しないといけないのが、仕入れの経費です。仕入れの経費とは、あなたの仕入れた商品の金額全てではありません。

どういうことかというと、仕入れの経費として使えるのが販売できた商品だけなのです。例えば仕入れ資金に100万円かかったとします。利益が110万円出たとします。単純計算をすると利益10万円ということになります。

しかし実際に売れた商品が70万円分とします。すると残り30万円分は売れていませんよね。この残りの30万円分は、経費として使えないのです。しかも残りの30万円分はあなたの資産つまり利益としてみなされてしまいます。

そのため実際に経費を計算する際は注意してください。

確定申告しないといけない金額に達していなくてもサラリーマンは毎年転売の利益を計算しておかないといけないしておかないといけない理由とは?

これは確定申告の際に、税理士に相談した際にお聞きした話です。分かりやすいように先程の例で考えて見ます。売り上げが100万円あったとします。仕入れ資金で90万円として利益が10万円だとします。

これだと実際には利益が10万円のため確定申告をしなくても良いですよね。その年に税務調査が入らなくても数年後に税務調査が入った際あなたが先程の売り上げが100万円あった年に仕入れ資金が90万円あっとことを証明できないといけません。

売り上げが100万円あった年の仕入れ資金が証明できないと税務調査に入った年に利益が100万円だと思われて納税をしなかったとみなされて延滞金をとられてしまいます。

これ怖いですよね。実際は利益が10万円しかなかったのに100万円分の税金がとられてしまうんですね。しかも延滞金も発生するのでかなり高額になります。

こういった不幸なことにならないためにも毎月の仕入れ資金と利益を計算しておきましょう。エクセルなどや会計ソフトで計算しておくと便利です。

「もう面倒だ!自分でやることは増やしたくない!」という人は税理士をやとって毎月計算をしてもらいましょう。

サラリーマンでも誰でも転売の売り上げを確定申告用に準備をしておくと良いこととは?

これはサラリーマンだけでなく転売をする人全てに当てはまることなのですが、確定申告用に常日頃売り上げと仕入れ資金はデーターに残しておいた方が良いです。

仮にエクセルにデーターを保存しておく場合売れた商品名や金額、仕入れ資金を入力しておくと思います。これは1つの見方からすると確定申告用に書類なのですが、もう1つ別の見方があります。

それがあなたが販売した売れた商品リストになります。これはあなただけの貴重なデーターになります。どこで仕入れてどこで販売したのか?売れた金額や仕入れ資金も載っているので次に同じものを仕入れようとしたときにどこで仕入れができるのか分かりますよね。

例えばある商品をAをアマゾンで10000円で販売しました。仕入先はヤフオクで3000円で仕入れることができたとします。この商品がもし偶然仕入れたものであればもちろんこの商品は次に仕入れるのは難しくなります。

しかしもしこれがヤフオクの仕入れ相場を意識して仕入れた商品でものレートを使って十分に販売できる価格だと知って販売をしたとしたらこの商品は今後も繰り返し仕入れができる可能性が高くなります。

繰り返し仕入れができる商品を知っていると同じものを仕入れるだけですので、仕入れが次はしやすくなります。稼げる転売屋は必ずこの繰り返し仕入れをしています。

繰り返し仕入れができると、あなたの毎月の給料が上がります。繰り返し仕入れができないとボーナスみたいな仕入れです。これだと売り上げや利益は安定しないですし稼ぎ続けるのは難しくなります。

ここまでの話をまとめると転売で稼ぎ続けるためには、繰り返し仕入れができる商品をいかにリサーチするかが大事になってきます。その繰り返し仕入れをまとめておくのにエクセルの管理が必要になってきます。

つまりエクセルで転売の毎日の管理をしないと継続的に稼げるようにはならないんですね。ぜひ確定申告前だけでなくあなたの売り上げを毎日管理するようにしましょう!

サラリーマンこそ毎年転売で稼いだ利益を確定申告をしておきましょう!

今回は、サラリーマンが転売の利益を確定申告しても会社にばれないようにするための方法を紹介しました。サラリーマンが確定申告をする際に、注意しないといけないのが「普通徴収」をすることでした。

この「普通徴収」をしないと本業先にあなたの転売での利益が伝えられてしまう可能性があります。そうならないためにも確定申告の書類を作成する場合は必ずこの「普通徴収」にチェックをします。

それと注意しないといけないのが、確定申告をする必要がある金額は利益が20万円以上の利益が出たときとあります。しかしあなたが今後先々稼いで行った時に、税務調査が入った際過去7年分の履歴を見られてしまいます。

その7年分の中にもし売り上げが20万円以上あった場合その年の仕入れ資金を確認されます。もしその年の仕入れ資金のデーターがなければ売り上げが利益としてみなされてしまいます。

例えその年の利益が10万円だったとしても証明できなければ利益が20万円あったと思われてしまいます。こういったことにならないためにも日ごろから売り上げと仕入れ資金をしっかりとデーターに残しておいて下さいね。

転売がさらに気になる方はこちらの記事がおすすめです→転売?なら電脳せどりは知っておいた方がいい

スポンサードリンク



追伸

副業初心者からでも1日10分で1万円が14日間で稼げるようになる88分のオンライン講座を今なら無料でプレゼント中です。

さらに今なら出品コメントテンプレート!(テンプレートはコピペ可!)ライバル不在の売れる商品リスト集10選(ずっと使えるリストです!)もプレゼント中です。

1日10分で1万円稼げる!副業初心者のための14日間無料オンライン講座!はこちらから→14日間オンライン講座

追伸2

このブログの順位は現在何位?


せどり ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です