何を延滞するとクレジットカードが作れない?

これまでクレジットカードを作っていなかったんだけど学生時代に家賃を延滞しちゃったんだけど作れるかな?と不安になります。何かを延滞するとクレジットカードが作れないと聞くけど何があると作れないの?

今回は何を延滞するとクレジットカードが作れない?についてご紹介します。

スポンサードリンク



何を延滞するとクレジットカードが作れない?

-shared-img-thumb-TAKEBE160224080I9A0482_TP_V

社会人になってクレジットカードを作ってみたい、急な出費のためにクレジットカードを作りたいと思います。いざクレジットを作ろうと思うのだけど延滞があると作れないって聞きます。

いざ自分の延滞を考えると学生時代にお金がなくて家賃をちょっと延滞したことがあるやスマートフォンの分割払いの延滞をしたことがあることを思い出しました。

この時ってクレジットカードって作れるの?クレジットカードを作るには信用というのが大事になります。この信用に影響するのが、ローンの返済を延滞しているのかが重要になります。

具体的にどういったローンを延滞するとクレジットを作るときに影響がでるのかは以下になります。

  • 教育ローン
  • 住宅ローン
  • 自動車ローン

よく利用するローンですね。ローンが主にクレジットカードに影響しますが、意外なものもクレジットカードを作るのに影響を及ぼします。具体的にいうとスマートフォンの分割払い

奨学金など(日本学生支援機構(JASSO)に登録しているもの)です。これって意外ですよね。もしこの延滞があるとあなたのお金に関する信用が低くクレジットカードを作ることができない可能性がありますので注意してくださいね。

ちなみに賃貸住宅で家賃を延滞してしまった場合はどうなるのか?基本はこの信用情報機関というところには、登録がされないのでクレジットカードが家賃の延滞で作れなくなることはないです。しかし保証人を立てない特殊なケースの場合は滞納した場合信用情報機関に登録されてしまうことがあります。

スポンサードリンク



先程から信用と言っていますが、この信用って何と思うかもしれません。クレジットカードを作るときに信用というのを次に紹介していきます。

延滞でクレジットカードが作れないことに関わる信用とは?

あなたのローンの返済状況は信用情報機関というところに実は登録されます。信用情報機関とは何か?

加盟する会員会社から登録される信用情報を、管理・提供することで、消費者と会員会社の健全な信用取引を支える機関です。 消費者がクレジットやローンなどを利用する際、会員会社は消費者の信用力を判断するために信用情報機関に登録されている消費者の信用情報を確認しています。

信用情報機関というところに登録されている信用情報というのがとても大事になってきます。信用情報=返済状況なんですね。

ローンの返済が遅れるとブラックリストというものに載ります。正式には「事故情報」と言います。事故情報として「延滞」というのがあります。これは2ヶ月以上の延滞があると付いてしまいますが、数日の延長を何回も繰り返していると事故情報に載ってしまうこともあります。

この「延滞」は延滞を解消してから5年は情報が残りますので注意してください。延滞を解消しないと情報は残ったままになってしまいますので注意してくださいね。

もし仮に過去に延滞があってクレジットカードが作れないのかを確認したい場合は、あなたのブラックリストを確認する必要があります。このブラックリストは信用情報機関に問い合わせをすれば分かります。

実際に信用情報機関の問い合わせと必要なものを紹介していきます。

延滞があってクレジットカードが作れないのかを確認する方法

ブラックリスト(事故情報)を確認する方法は、CIC(推定信用情報機構)・JICC(日本信用情報機構)という機関に問い合わせをすることが必要になります。

ここで信用情報機関から開示請求というのを行います。簡単に言えばあなたの信用情報を請求するということです。CIC・JICCのアクセスは以下から行えます。

CICへのアクセスはこちらからです。→CIC

JICCへのアクセスはこちらからです。→JICC

請求するには、スマホ・郵送・窓口での方法があります。それぞれの方法で必要なものが違いますので各ページにアクセスしてください。

開示請求には、手数料が500-1000円かかりますのでご注意くださいね。

延滞をするとクレジットカードが作れなくなる事故情報が載るのでご注意下さい。

今回は家賃を延滞するとクレジットカードが作れないのかについてご紹介していきました。家賃の場合は保証人を立てない特殊なケースの場合以外は基本クレジットカードが作れなくなる事故情報に載りません。

事故情報に載ってしまうのが、教育ローンや自動車ローンや意外なところだとスマホの分割払いです。仮に延滞してしまった場合はあなたの事故確認しましょう。

一度事故情報に載ってしまうとその後のローンが組めなかったり住宅ローンを組む際にやや影響がでてしまうことがあります。

クレジットカードでもそうですが、延滞をしないように日々賢いお金の使い方をするのが望ましいですね。

スポンサードリンク



追伸

副業初心者からでも1日10分で1万円が14日間で稼げるようになる88分のオンライン講座を今なら無料でプレゼント中です。

さらに今なら出品コメントテンプレート!(テンプレートはコピペ可!)ライバル不在の売れる商品リスト集10選(ずっと使えるリストです!)もプレゼント中です。

1日10分で1万円稼げる!副業初心者のための14日間無料オンライン講座!はこちらから→14日間オンライン講座

追伸2

このブログの順位は現在何位?


せどり ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です