転売ってどういう意味?どういう定義?

転売ってどういう意味?定義?なんだか稼げそうだから検索してみたけどいまいち分かりづらい。字の通り「転がして売る?」あんまり意味が分かりませんよね?

ネットで調べても分かりづらくないですか?今回は、転売の意味、定義って何?について解説していきます。

スポンサードリンク



転売の意味、定義って何かしら?

imarib20160807225718_tp_v

おそらくそう思ってこのページを開いてくれたと思います。文字通り「転がして売る」だと全く意味が通じませんよね。転売の本来の定義を考えると難しくなるので知りたい方は、広辞苑でも読んでみて下さい。

ここで紹介する転売の定義は、分かりやすいかいつまんでお伝えします。転売の定義は、「安く買って別の高く販売をできるところで売る」です。つまり安く買えるところ探してきて高く売れそうなところで売ります。

分かりやすい例でいうと、どこかで25%offとか50%offみたいなところから商品を探してきてもともとの定価ぐらいで売るのも1つの転売の例です。

もう一つの例が、品薄の商品を手に入れて定価よりも高く売ることです。これはTVで紹介されていることがありますので、耳にしたことがある方もいるかもしれません。昔の人気のあった商品が数年すると驚くような金額で販売できる場合があります。

こういった2つの販売の仕方があります。この2つの販売方法をうまく行うためには、2つのことを考えないといけません。それが、販売先と仕入先です。どこで商品を安く買ってどこで高く販売する?です。

販売先を考える場合、大事なのがお客さんがよく来るかどうかです。お客さんが100人しか来ない場所と100000人来る場所ではどちらの方が商品が売れやすいですか?もちろん100000人くる場所ですよね。

販売先は転売として知っておくべきなのは、2つです。amazonとヤフオクの2つを知っておくと良いです。アマゾンもヤフオクもお客さんがよく来るか場所ですよね。毎月の利用者は、アマゾンは1000万人、ヤフオクは、600万人です。(2016年5月)

つまり両方のお店に出品をしていれば1600万人が毎月の商品を見に来てくれるわけです。1600万人は東京都の人数よりも多いです。それがぐらいの数の人が毎月商品を買おうとamazonとヤフオクを利用しています。

この販売先は、日本でもネットのお店での利用者が1位と3位ですので、ぜひ利用して欲しいですね。

ちょっと販売先の話ばかりしてきましたが、実は仕入先をみきわめるのもとても大事なんです。どこで安く商品を買うのか?というお話です。この安く買うところを見極めるも転売を成功させるためには、とても大事なことです。

転売の定義というと難しいことを考えがちですが、実はシンプルに考えるとどこで安く買ってどこで高く販売するのか?ということだけなんです。高く販売するところは、お客さんがよく来るところを利用して安く買うことができるところを探しましょう!ということをこれまで説明してきました。

スポンサードリンク



転売の定義についてこれまで考えてきました。おそらく定義を知ったらあなたが考えることはこれですよね。

転売の定義を知った!必要な知識って何?

おそらく転売に興味をもったあなたならこう思うでしょう。転売というと膨大な知識が必要な感じがします。確かに最初はちょっと多いです。ただ突き詰めていくと「どこで安く買ってどこで高く販売をするのか?」です。

この知識を身につける前に1つだけ知っておかないといけないことがあります。それは、どこで商品を安く買うのか?方法が実は2つあります。

1つは、実際にお店に行って安く買う方法です。お店とは、例えばスーパーの安売りセールやドラッグストアの安売りセールや、はたまた地元にあるCDショップなどあなたの家の近くにあるところがすべて仕入先となります。

2つ目は、ネットで購入する方法です。インターネットで安く購入できるところもあるのでそこで購入をしてネットで販売する方法です。

安く商品を買う方法は、2つあるということを知った上で転売で必要な知識を説明していきます。転売で必要な知識は、どこで安く買ってどこで高く売るのか?です。そのためには、きちんと売れる商品かどうかを見極める必要があります。

売れない商品を買っても無駄にお金を使うことになってしまいますよね。無駄なお金を使わないためにも商品がきちんと売れるのかを知ることはとても重要なことです。実は商品が売れるかどうを教えてくれるサイトがあります。

そのサイトが、モノレートとオークファンになります。モノレートはアマゾンの商品がどのくらい売れているのか?いくらで売れているのかがわかります。オークファンというサイトも同じようなものですが、オークションサイトで売れたものを対象としています。先ほど紹介したヤフオクもここに入ります。

具体的な使い方を知りたい方は、こちらの記事をチェックしてみてください。→まさか転売で稼ぐための4つの基本を知らずに仕入れしてませんよね?

転売とよく比較されるアフィリエイトの定義とは?

転売の定義を知るとアフィリエイトってどうなの?と思う人もいるかもしれません。アフィリエイトもなんだか分からない方もいるもかもしれません。これも簡単にいうと「あなたがインターネットで広告をだしてあげる!」んです。

商品を売りたい人がいます。あなたはその売りたい人を自分のブログやメルマガで商品を紹介してあげます。その紹介し販売ができたら紹介料が支払われます。それで皆さんは思うはずです。アフィリエイトって稼げるの?だと思います。

アフィリエイトは稼げます。ただ転売と比較するとちょっと時間がかかります。簡単にいうと転売は、2-3カ月以内で稼げる場合があります。アフィリエイトは、6カ月~1年ぐらい安定して稼げるのに時間がかかります。

「じゃあ転売のほうがいいじゃん!」と思うかもしれません。たしかに転売は2-3ヶ月で稼げるようになるので、良いですが作業量が変わらないのです。どういうことかというと10万円を稼ぐのに必要な作業量が時間が経っても変わらないんです。つまり労働作業が多いんです。

反対にアフィリエイトは、時間がかかりますが、一度稼げる仕組みを作ると安定して稼げるようになりますし作業量が減ってきます。まとめると以下になります。

  • 転売は、2-3ヶ月で稼げる。だけど作業量が減りません。
  • アフィリエイトは、6カ月~1年かかりますが、一度仕組みを作れば作業量が減ってきます。

どちらが良いかはなんとも言えません。あなたが早く稼ぎたいのであれば転売をおすすめします。時間がかかってもよいから安定して稼げるようにしていきたい!と思えばアフィリエイトがおすすめです。

転売の定義を知り稼げるようになってください!

今回は、転売の意味、定義って何?について解説していきました。転売は、どこかで安く買ってきて高く売ることができるところを探すことです。これができるかで稼げるかどうかが決まります。

そのためにモノレートやオークファンというサイトがあります。徹底的に安くどこで買うか?高くどこで売るか?を考えられればあなたも転売で稼げるようになります。よく比較されるのが、アフィリエイトですが、転売のほうが早く稼げるようになります。

もし今回の記事を読んで転売に興味が出てきたかたはこちらの記事を読んでみてください。→まさか転売で稼ぐための4つの基本を知らずに仕入れしてませんよね?

スポンサードリンク



追伸

副業初心者からでも1日10分で1万円が14日間で稼げるようになる88分のオンライン講座を今なら無料でプレゼント中です。

さらに今なら出品コメントテンプレート!(テンプレートはコピペ可!)ライバル不在の売れる商品リスト集10選(ずっと使えるリストです!)もプレゼント中です。

1日10分で1万円稼げる!副業初心者のための14日間無料オンライン講座!はこちらから→14日間オンライン講座

追伸2

このブログの順位は現在何位?


せどり ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です