アマゾン転売や海外の転売は違法か合法か?

アマゾン転売や海外転売を始めてみたい!だけどアマゾン転売や海外転売って違法、合法どっちなの?と心配になりますよね?たくさんの情報があって正直とっても分かりづらくないですか?

はっきり知れたら早速始めたい!そんなあなたのために今回はアマゾン転売や海外転売って合法、違法どっちなの?について紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク



アマゾン転売や海外転売って合法なの?違法なの?

YUKA0I9A7452_TP_V

アマゾン転売って合法なの?違法なの?って心配になりますよね?ネットを検索してみても色々なことが書いてありどれが正しいのか分かりませんよね。

結論からすると違法ではありません。実際にアマゾン転売をしていてつかまったと言う人を聞いたことがありません。ただしブランド品の偽者を販売していたとか後ほど紹介するチケット類の販売をしていたとか条例で決まっているものは違法です。

後はもう1つ忘れてはならないのが、アマゾン転売をする人は、古物商許可書というものが必要になってきます。転売をする場合には、合法か?違法か?はこの古物商許可書があるかどうかで決まってきます。

ただすべての転売で必要なわけではなく、古物商許可が必要な行為なのかどうかを必ず確認しなければなりません。以下のものは古物商許可書が必要になってきます。

  • 古物を買い取って売る。

  • 古物を買い取って修理等して売る。

  • 古物を買い取って使える部品等を売る。

  • 古物を買い取らないで、売った後に手数料を貰う。

  • 古物を別の物と交換する。

  • 古物を買い取ってレンタルする。

  • 古物を買い取らないで、売った後に手数料を貰う。

  • 上記のことをネット上で行う。

つまりネットで販売する際はほとんどの場合が必要になってきます。ただし実際は都道府県によってかなりバラツキがあるみたいです。確実に古物商許可書が必要になるかは、あなたの近くの営業所を管轄する警察署に問い合わせるのが一番確実です。

まとめると、アマゾン転売自体は違法ではありません。ただ古物商許可書をもたないと違法になる場合があるのでしっかりと確認をしましょう!古物商に関してはさらにこちらの記事に紹介しています。→電脳せどりでも古物商許可書って必要なの?

アマゾン転売自体は違法ではないと言うことが分かったと思います。ではその次の海外転売はどうなの?と思うかもしれません。海外転売をするのは基本的に違法ではありません。

海外転売の場合は、正規の代理店を使って仕入れるのではなく並行輸入を使って仕入れることが多いです。並行輸入とは、海外の有名ブランド品等を、正規代理店以外の第三者が、外国で合法的に製造・販売された商品を外国で購入し、日本の総代理店契約者等の許諾を得ずに、正規代理店ルート以外のルートで輸入する行為を指します。

こういった行為は違法ではありません。しかし仮に海外転売をしても違法になるケースがあります。それが、輸入禁止項目の輸入です。輸入禁止項目とは、以下のものになります。

  • 麻薬、向精神薬、大麻、あへん、けしがら、覚せい剤及びあへん吸煙具
  • けん銃、小銃、機関銃、これらの銃弾及びけん銃部品
  • 爆発物
  • 火薬類
  • 化学兵器の禁止及び規制等に関する法律に規定する特定物質
  • 感染症に規定する病原体など
  • 貨幣、紙幣、銀行券及び有価証券に偽造品、変造品、模造品、及び偽造カード
  • 公安または風俗を害すべき書籍、図面、彫刻物 その他の物品
  • 児童ポルノ
  • 特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、著作隣接権、回路配置利用権または育成者権を侵害する物品
  • 不正競争防止法に掲げる行為を組成する物品

この項目を見て「あっしまった~仕入れちゃったよ。」なんて人はいないと思います。ごく普通に転売する商品を探している人はこういった商品を仕入れる人はいないと思いますが、念のため挙げておきました。

スポンサードリンク



ここまで読んだあなたは、おそらくダフ屋はダメって言われてるけど本当に転売って大丈夫なの?と思うかもしれません。そんな疑問を解消するためダフ屋と転売の違いについて紹介します!

転売は合法なのにダフ屋はなんで違法なの?

アマゾン転売はしっかりと古物商を持てば合法になることや海外転売は違法ではないことを説明しましたが、ダフ屋はなぜ違法になってしまうのか?ダフ屋が違法になってしまうのは、転売行為で公の場でチケットを購入して公の場でチケットを他者に販売するという視点があるからです。

チケットと公の場というのが、ポイントです。同じように金券ショップでもチケットは販売されていますが、私有地で販売されており基本定価より高額にならないため問題はありません。

じゃあネットでチケットを販売するのは良いのか?基本的利益目的の場合はあまり行わない方が良さそうです。例えば行こうと思っていたライブが急に行けなくなってライブのチケットを少し安くても良い場合は訴えられません。

ただし明らかに法外な値段で販売をすると実際に訴えられた例(ジブリ美術館、ブルートレインチケット)もあります。チケットに関しては、転売として取り扱うことを禁止しているチケット会社が多いので扱わないようにしましょう。

こういったことからダフ屋も転売と同じようにとらえられがちですが、全く異なるものなのです。こうは言っても転売や海外と名がつくだけで合法なんだけど違法っぽい印象が与えられがちです。

それはなぜか?実は転売の悪いニュースがとりあげられた経緯があります。社会問題にまでなったニュースを簡単に取り上げていきます。

転売が合法と言われてもどうしても違法だと疑われてしまう理由とは?

いくらアマゾン転売や海外転売が違法ではなく合法だと説明をしてもどうしても胡散草が残ってしまいます。これは一部の節操のない人が転売で一儲けしてやろうと躍起になってしまったことが原因で社会的印象が悪くなってしまったのが背景にあります。おそらくこの記事を読んだことがあるあなたなら見たことがあるかもしれません。

スタバで108個の福袋買い占めてしまった事件です。これはスターバックスの二子玉川ライズドックウッドプラザ店で起こった事件です。2016年の1月に起こった出来事です。

丁度スタバで福袋を販売する予定でした。転売目的にスタバで購入すること自体は全く問題がないのですが、この時に問題になったのが、たった5人で福袋を108個すべて買い占めてしまったことです。

この時に他にも何人ものお客さんが並んでいたのにも関わらずその5人だけで購入してしまったことや購入した5人のマナーも悪かったのが拍車をかけて転売の印象が一気に悪くなりました。

ニュースでとある芸能人が転売は駄目と言ってしまったこともさらに転売の印象が悪くなった原因です。転売は合法ですが、違法では?と思われてしまうにはこういった一部の転売屋のマナーの悪さによるものです。

実は他にもこういった例があります。

転売は合法だけど違法だと疑われてしまう2つ目の事件とは?

転売をしようとしたことがある人なら聞いたことがあるかもしれません。ブックオフのせどらー禁止の例です。ブックオフがせどり禁止になったのにも理由があります。

実はこれも転売屋のマナーの悪さからきました。当時ブックオフ仕入れにバーコードリーダーというのが流行りました。

考えなくても本のバーコードを一瞬で読み取れる器械が導入されて転売業界で流行りました。そのバーコードを使って仕入れをする塾なんかも流行りました。実際にバーコードを使って行う仕入れが始まったところ大量の転売屋がブックオフにはりつきました。

これだけだったら良かったのですが、一般のお客さんを押しのけてまで仕入れをしようとする輩が増えてしまいました。しかも利益が出ない商品に関しては粗雑に扱うなどマナーの悪さがあからさまになってしまったんです。

その結果ブックオフてバーコードの使用禁止になったりブックオフがアマゾンとの価格を合わせてしまうことが起きました。一部の転売屋によって多くの転売屋の仕入先を減らす結果になってしまったんですね。

何度も強調しますが、転売は合法ではありません。こういった一部のマナーの悪い人たちのせいで違法だと思われがちになってしまうんですね。

ここまで国内転売の例を挙げてきましたが、海外転売も同じです。海外転売は、それこそ偽者の商品を扱ってしまうことが多いような印象です。「偽者をつかんでしまったらどうしよう?」なんてイメージが強いですよね。

しかし先程も言いましたが、海外転売も違法ではありません。社会的なイメージが転売の印象を悪くしてしまっているようですね。これは人事かもしれませんが、もし仮にあなたが転売で稼ぎ続けていきたいとします。

でもアマゾン転売だろうが海外転売だろうが、違法だと他の人から思われているビジネスをしたいと思いますか?正直そんなビジネスしたくありませんよね。これまでの印象が悪いですが、今後は取り組む人たちの姿勢で変えることができます。

ぜひ今後取り組む人たちは、社会的なモラルを崩さずに行っていってくださいね!

あなたはどちらの転売を目指したいですか?

こういったことを書くと転売は稼げないと意味がないし遠慮なんてしてたら稼げないでしょ!という反論がきます。確かに一理あります。でも本来転売はお客さんに感謝されるはずの仕事です。

なかなか手に入りづらいものを販売したりできる限り安く手に入れられるようにすることが本来の目的です。稼ぎたい気持ちが強くなり過ぎてしまうとマナーが悪くなってしまい周りに迷惑をかけることになります。

ここまで読んでくれたあなたに質問です。もしこれから転売をやるならどちらを目指しますか?利益は出るけど周りの人に迷惑をかけてどんどん社会的に批判をあびる転売か?それとも周りの人に感謝をされながらする転売か?モラルがあるあなたならきっと後者を選んでくれることを望みます。

話を戻しますが転売は、違法ではなく合法です!

今回は、今回はアマゾン転売や海外転売って合法、違法どっちなの?について紹介していきました。結論から言うとアマゾン転売や海外転売は違法ではなく合法です。

ただしアマゾン転売の場合は販売してはいけないものや場合によっては古物商許可書を取得しないといけない場合があります。海外転売の場合は、輸入禁止品というものがありますのでその商品に注意していけば大丈夫です。

しかし転売はなぜか違法では?と思われがちです。それには理由がありました。転売の歴史を見るとこれまでに様々なマナーの悪い方々により社会的に印象が悪くなっています。

いくら合法だと!といっても違法で?と思われがちです。今後転売に取り組むあなたには、こういった疑いをもたれないように健全な転売を行っていって欲しいと思います!

転売が気になる方はこちらの記事がおすすめです→転売?なら電脳せどりは知っておいた方がいい

スポンサードリンク



追伸

副業初心者からでも1日10分で1万円が14日間で稼げるようになる88分のオンライン講座を今なら無料でプレゼント中です。

さらに今なら出品コメントテンプレート!(テンプレートはコピペ可!)ライバル不在の売れる商品リスト集10選(ずっと使えるリストです!)もプレゼント中です。

1日10分で1万円稼げる!副業初心者のための14日間無料オンライン講座!はこちらから→14日間オンライン講座

追伸2

このブログの順位は現在何位?


せどり ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です