電脳せどりでも古物商許可書って必要なの?

せどりをするのに古物商許可書が必要とよく言われます。古物商許可書は、せどりで必要かどうか様々な意見があります。正直迷いますよね。電脳せどりだと何か不要なイメージもあります。

今回は電脳せどりでも古物商許可書って必要なのかをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク



古物商許可書って何?

-shared-img-thumb-saya0I9A4176072165537_TP_V

古物商とは古物営業法に規定される古物(中古品)の売買を行う個人、法人の業者を指します。つまり中古品を購入して転売するには古物商許可書が必要になるんです。

この説明を読むと「じゃあ電脳せどりで新品を扱う場合はいらないんじゃないの?」って思うかもしれません。でも実は必要な場合があるんです。

なぜかというと警察署のホームページでは、古物の扱いがこうなります。

「古物」とはどのような物をいうのですか?

A.古物とは、一度使用された物品(※)、若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいいます。

古物の扱いの説明で「使用されない物品で使用のためにとりひきされたもの」とあるんです。これが新品にあたる可能性があるんですね。

スポンサードリンク



古物にも決まりがあるようです。具体的に古物にあたるのはどんな物なのか?次で見ていきます。

どういったものが古物になるの?

どんなものが古物になるのか?気になりますよね。実は施行規則第2条で次のような分類があります。

  • 美術品類(書画、彫刻、工芸品等)→古美術商、リサイクルショップ、古書店など

  • 衣類(和服類、洋服類、その他の衣料品)→リサイクルショップ、リユースショップなど

  • 時計・宝飾品類(眼鏡、宝石類、装身具類、貴金属類等)→リサイクルショップ、質屋など

  • 自動車(その部分品を含む。)→中古車など

  • 自動二輪車及び原動機付自転車(これらの部分品を含む。)→中古オートバイなど

  • 自転車類(その部分品を含む。)→中古自転車販売店、リサイクルショップなど

  • 写真機類(写真機、光学器等)→一部個人経営のカメラ店、リサイクルショップなど

  • OA機器類(中古ビジネスフォン、レジスター、タイプライター、計算機、謄写機、ワードプロセッサ、ファクシミリ装置、事務用電子計算機等)→近年ではリース会社などが、リースが終了し所有権を移転させメンテナンスしたものが、中古販売されているケースが増えている、レンタル店など

  • 機械工具類(電機類、工作機械、土木機械、化学機械、工具等)→中古艇販売店、中古船販売店、中古飛行機販売店、中古ヘリコプター販売店、リサイクルショップ、リース会社(主に計測器、高額な機械関係)など

  • 道具類(家具、じゅう器、運動用具、楽器、磁気記録媒体、蓄音機用レコード、磁気的方法又は光学的方法により音、影像又はプログラムを記録した物等)→リサイクルショップ、中古AV・ゲームソフト店など

  • 皮革・ゴム製品類(カバン、靴等)→質屋など

  • 書籍→古書店、リユースショップなど

                                                            (ウィキペディアより抜粋)

かなりせどりで扱う商品が紹介されています。中古品を扱う場合は古物の対象になるようですね。

なんで中古品にこれだけの古物のジャンルがあるかというと中古品には盗品が紛れ込んである可能性があるためです。

いくらあなたが検品をしても盗品をつかんでしまう可能性があります。そんな時に古物商許可証を持っていれば、そういった盗品等を知らずにつかまされたとしても、罪に問われることはありません。

こういった意味で古物商許可書が必要になってくるんですね。では気になる電脳せどりに古物商許可書は必要なのか?次でお伝えします。

電脳せどりに古物商許可書は必要なの?

先程紹介した古物の定義を見直してみましょう。

「古物」とはどのような物をいうのですか?

A.古物とは、一度使用された物品(※)、若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいいます。

古物の扱いの説明で「使用されない物品で使用のためにとりひきされたもの」とあるんです。これが新品にあたる可能性があるんですね。

つまり電脳せどりで新品を扱う場合でも古物の対象になる可能性があるんですね。ネットでも必要・必要でないと意見が分かれています。

これに関しては実は古物商については、せどりの規模により各都道府県によって、意見が異なるようです。

ただあなたが電脳せどりで中古品を扱う場合は、古物商許可書が必要かどうかを確認しておくほうが良いでしょう。一番確実な方法は、あなたのお住まいの市町村の警察に問い合わせることです。

古物商許可書の取得の仕方は、こちらを参考にしてみて下さい。→古物商(警視庁)

簡単流れを紹介するとまずは管轄の警察署に行きます。警察署では「古物商の申請をしたい」という旨を伝えれば担当部署にて必要な書類の説明をしてくれます。

申請時に必要なものとして手数料19000円費用とシャチハタ以外の印鑑を用意します。

電脳せどりでも古物商許可書が必要です!

電脳せどりでも中古品を扱う場合新品商品を転売する場合は、古物商許可書が必要になってくることがあります。都道府県で決まりが違うようなのであなたのお住まいの近くの警察署に問い合わせてみてください。

こういったルールってやらなくてもすぐには不利益がありません。しかし何かのきっかけで盗品をつかんだりしてしまった場合に大きなリスクがおきてしまいます。

大きな不利益が出る前に古物商許可書が必要であれば早めの取得をおすすめします。

同じルールを守らないといけないのが、確定申告です。確定申告についてはこちらの記事がおすすめです。→電脳せどりの売り上げを確定申告しないとどうなるの?

スポンサードリンク



追伸

副業初心者からでも1日10分で1万円が14日間で稼げるようになる88分のオンライン講座を今なら無料でプレゼント中です。

さらに今なら出品コメントテンプレート!(テンプレートはコピペ可!)ライバル不在の売れる商品リスト集10選(ずっと使えるリストです!)もプレゼント中です。

1日10分で1万円稼げる!副業初心者のための14日間無料オンライン講座!はこちらから→14日間オンライン講座

追伸2

このブログの順位は現在何位?


せどり ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です