AmazonFBA に家電を送る前の梱包の注意点!

AmazonFBAに家電を送る前にとても迷うのが、梱包です。アマゾンFBAに家電を送る時ってなんでも送れるの?大型商品で他のダンボールに入らない場合はどうしたら良いの?家電商品を取り扱うと他の商品よりも梱包に関する悩みが増えてきます。今回はAmazonFBA用に家電を梱包する際の疑問にお答えしていきます。

スポンサードリンク



AmazonFBA用に家電を梱包する前に知らないといけないルールとは?

OZPA89_danboakete

アマゾンで配送する商品にはサイズによって小型・標準・大型・特殊大型に分けられています。

アマゾンの規約にもありますね!→輸送箱の要件

FBA用に家電を梱包する前には必ずこのルールを見なければなりません。家電は、本のようにサイズが一定ではなく扱う商品によってサイズがかなり異なります。

それぞれの商品のサイズには長さと重さのルールがあります。アマゾンのルールを見てみましょう。

Amazon FBA 家電 梱包②

<重さに関するルール>

重さに関しては、それぞれのサイズで決められています。

小型:250g以内

標準:250g以上9kg以内

大型:大型は2つに分けられています。

1.9kg以上30kg以内

2.9kg以上40kg以内

この2つは、商品の長さによる決まりがあります。

特殊大型サイズ:30kg以上40kg以内

一見すると大型の”5kg以上40kg以内”の大型とかぶる部分がありますが、厳密にいうと長さのルールがあります。

<長さに関するルール>

長さに関しては商品1つの3辺の長さを見ていきます。下図を見てください。

Amazon FBA 家電 梱包

大型商品を例に見ていきます。

①「商品の大きさ」の決まり:商品1点の三辺が50cm x 60cm x 50cm以内かつ30kg以下

商品を入れる箱の決まり:50cm x 60cm x 50cm以内かつ30kg以内

②「商品の大きさの決まり」:商品1点の三辺が50cm x 60cm x 50cm以内より大きいまたは、30kgより重い
※3辺合計170cm以内、40kg以内

商品を入れる箱の決まり:規定なし、ただし40kg以下

注意しなければならないのは、45×35×20cmを1つでもはみ出すと大型商品になってしまうということです。例えば50cm×35cm×20cmという商品があります。

50cmだけ規定より超えていますよね。そうすると大型商品扱いになってしまいます。長さに関する決まりを知らないと思わぬ出費が出ることがありますのでしっかり把握しておいてください。

3辺の長さの合計が170cmを超える場合は、”特殊大型商品”と言う扱いになります。

各サイズで実はFBAの配送代行手数料がかなり異なってきます。

大型商品 梱包②

家電ではかなりサイズが商品により異なります。FBA手数料も含めて必ず商品が利益がでるものかどうかを見極めてください。

スポンサードリンク



長さと大きさに関するルールを紹介しました。他にもこんなルールがあります。

  • 15kgを超過している場合は、必ず天と側面に「重量超過」と明記してください。

  • 納品の際に使用できる輸送箱のサイズ・重量は50cm x 60cm x 50cm以下、かつ30kg以下です。サイズ・重量を超えた輸送箱での納品は受領拒否の対象となりますのでご注意ください。

  • 商品のサイズ・重量が上記の規定を超えるものについては上記規定の対象外です。ただし、商品1点1輸送箱で納品ください。

  • また、メーカー専用輸送箱を利用の場合は、上記三辺サイズ規定の対象外です。ただし、必ず専用輸送箱と判断できる形態で納品してください。

規定の商品の大きさを超えてしまったりダンボールにて梱包できない程の大型商品は基本受け取りができません。ただし各FBAセンターにより異なることがあります。一度FBAセンターに確認をとることをお薦めします。

しっかりとルールを把握した上でAmazonFBAへの商品の梱包を行うようにしてくださいね。

FBAに送るときはこんなダンボールで梱包しても受領できない!

AmazonFBAに家電を梱包しようとするとちょうど良いダンボールがなかなかないものです。以前は商品のサイズに合わせてダンボールを組み合わせて作ることができました。しかし現在(2016年)は受領拒否をされてしまいます。

家電 梱包③                                              (Amazonより抜粋)

他にもこんなダンボールだと受け取りができません。

家電 梱包④

ちょうど良い大きさのダンボールがない時は、購入するのが良いと思います。スーパーなどで見かけるダンボールはサイズが一定であることが多く特に大きいダンボールがあることが少ないです。

色々なところにダンボールを探しにいくよりは時間をもっと有効利用するためにもダンボール自体を購入してしまった方が賢い選択です。

ダンボールを購入する場合は、商品から予想される売り上げにダンボールの経費を入れても利益がでるかどうかを考えて仕入れをするようにしましょう。

AmazonFBAの梱包ルールに従って家電を送りましょう!

AmazonFBAで家電を送る際は、梱包のルールがあります。他の商品でももちろんルールはありますが、家電の場合は大きさがかなり異なってきます。

梱包ルールをきちんと見直した上で配送しないとFBAで商品を受け取ってもらえないことなんてなりかねません。ルールに外れた場合でも受け取ってもらえる場合があるようですが、各FBA倉庫により異なるようです。

迷った事例があった場合はFBAカスタマーセンターに相談をして配送をするようにしましょう!

スポンサードリンク



追伸

副業初心者からでも1日10分で1万円が14日間で稼げるようになる88分のオンライン講座を今なら無料でプレゼント中です。

さらに今なら出品コメントテンプレート!(テンプレートはコピペ可!)ライバル不在の売れる商品リスト集10選(ずっと使えるリストです!)もプレゼント中です。

1日10分で1万円稼げる!副業初心者のための14日間無料オンライン講座!はこちらから→14日間オンライン講座

追伸2

このブログの順位は現在何位?


せどり ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です