アフィリエイトと比較!amazonfbaの手数料って本当に高い?

amazonfbaの手数料って正直めっちゃ高いと思いませんか?だってせっかく何時間もかけて仕入れた商品の十数パーセントがアマゾンに持っていかれてしまうじゃない!そんな風に思っていませんか?

でもこの手数料って実はあまり高くないのを知っていますか?今回はamazonFBAの手数料って本当に高い?と言う疑問についてお答えしていきます。

スポンサードリンク



amazonFBAの手数料って?

-shared-img-thumb-150415251740_TP_V

FBAの手数料ってとても分かりづらいですよね。実際にかかる手数料は以下にものになります。

  • ・在庫保管手数料
  • ・配送代行手数料(出荷発送手数料+発送代行手数料)

見ただけで頭が痛くなりますよね(笑)実際にどれだけこの手数料計算が面倒かを見てみましょう。まず配送代行手数料ですが、”配送代行手数料料金単価表”というのを見ながら自分手数料を知ります。

詳細なページはこちら→FBA料金手数料 このページからあなたの商品が小型商品なのか?標準サイズなのか?大型サイズなのかを調べます。

もう1つの手数料である在庫保管手数料は、実は計算式があります。アマゾンページより引用します。

A. 在庫保管手数料

Amazonフルフィルメントセンターに保管されているすべての商品の寸法 (*1)をもとに体積を計算し、お預かりしている商品が実際に占有する保管スペースをフルフィルメントセンターごとに毎日計算します。実際の占有スペースに対 してのみ下記の在庫保管手数料(*2)が月次で発生します。

¥8.126 × {[商品サイズ(cm3)] ⁄ (10cm×10cm×10cm)}×[保管日数 ⁄ 当月の日数]

 サイズが縦11.4cm、横22.5cm、高さ35.5cmのおもちゃを30日保管する場合:
¥8.126 × {(11.4×22.5×35.5[サイズ]) ⁄ (10×10×10)} × (30[保管日数] ⁄ 30[当月の日数]) = ¥73.993
おもちゃ

(*1) 商品の寸法とは、当サービスご利用規約に従いそのままお客様に発送できるように適切に梱包された状態での外形寸法のことです。
(*2) 月額料金は小数点第一位で四捨五入されます。金額は消費税を含みます。

手数料を知るにはこの方法が確実です。どうですか?とても面倒ですよね。こんなに手数料をとられるなんてFBAの手数料ってやっぱり高いって思いますか?

スポンサードリンク



アマゾンFBAを利用している人は、今回紹介した手数料とアマゾンの販売手数料、基本制約料、カテゴリー制約料の5つがかかります。手数料が5つともなるとなんだか訳が分かりませんね。

手数料計算を実際にやってみました?実はこの手数料計算をやらなくてもすぐに手数料を計算してくれる方法があります。それがFBA料金シュミレーター日本語版です。

amazonFBAの手数料を簡単に見分ける方法とは?

すべての手数料を携帯の電卓で計算をしていたら日が暮れてしまいます。こんなときに使えるのが、FBA料金シュミレーターというサイトになります。

実際にどんなサイトでどれくらい便利なのかをご紹介していきます。まずは、FBA料金シュミレーターのサイトを開きます。サイトを開いたら枠内に商品名を入力して下さい。

大型商品 梱包③

枠内のFBA発送の場合の欄に金額を入力して”計算”をクリックして下さい。

FBA 大口 手数料

金額を1000円に設定してみます。枠内を見てください。

FBA 大口 手数料②

FBAの手数料には、・在庫保管手数料・配送代行手数料(出荷発送手数料+発送代行手数料)というのがありましたね。

シュミレーターに金額を入力した後に手数料の項目を見ると在庫保管手数料が5円、配送代行手数料が87+85=172円になります。

この2つの手数料を合わせた金額が、フルフィルメント費用小計として現れます。これがFBA手数料になります。FBA手数料に目がとらわれがちですが、アマゾンの販売手数料やカテゴリー制約料もありますので忘れないで下さいね。

amazonFBAを使うと自己出品のときよりも手数料が高いのでしっかりとこのサイトで計算をしてきちんと利益が取れるように計算をしましょう。

忘れてはいけない手数料とは?

先ほど紹介したFBA料金シュミレーターですが、ここに反映されない手数料があるのを知っていましたか?それが以下になります。

・基本制約料

・配送先指定手数料

まず基本制約料ですが、これは商品が売れるとすべての商品にかかる成約料という手数料です。金額は一律全ての商品で100円です。

この手数料は出品形態によっても変わります。出品携帯には、小口出品者と大口出品者があります。小口出品者は商品が1つ売れるごとに100円の基本制約料を払わないといけません。

大口出品者は月額アマゾンに4980円を支払いこの基本制約料がなくなります。 簡単に言うと商品が50個以上販売できれば大口出品者にすると良いです。

そしてもう一つの手数料が、配送先指定手数料です。この手数料に関しては、新たに追加になった手数料です。

アマゾンは2015年からあなたの近くのFBA倉庫ではなく商品がバランスよく振り分けられるようにあなたの配送先の倉庫を決めるようになりました。

そのためあなたがいくら近くのFCに送りたいと思ってもできないのです。あなたが商品を毎回登録するたびに送ることができるFBA倉庫が異なります。

商品によっても異なるので一度の登録作業で送るべき倉庫が複数存在するようになります。梱包が面倒になるし配送料も多くかかってきます。

この面倒を防ぐためにFBA倉庫をアマゾンでは指定することができるようになりました。ただしそのためにはFBA倉庫の指定には手数料がかかります。

手数料に関するページはこちらになります。→FBA倉庫指定のページ

FBA 固定化⑦
  • 小型商品(1個辺り)・・・・5円
  • 標準商品(1個辺り)・・・・8円
  • 大型商品(1個辺り)・・・・9円

仕入れをする際には、この固定化に伴う手数料も考えないと実は利益がでなくなってしまうことになります。しっかりと手数料を把握してくださいね。

amazonFBA手数料って本当に高い?

さて今まで散々手数料について紹介してきました。これでもかっ!って程手数料がありましたよね。

今回手数料を理解するために1000円の商品をFBA倉庫を指定して本を販売することを想定してみましょう。

  • 基本制約料・・・・・・100円(小口出品者の場合)
  • カテゴリー制約料・・60円
  • 販売手数料・・・・・150円
  • 在庫保管手数料・・・・・5円
  • 配送代行手数料・・・・・172円
  • 配送先指定手数料・・・・5円

うーん、利益出るのかな?って思いますが、計算をしてみますね。1000-492=508円、これに仕入れ値を引きます。もし仕入れ値が108円だとしたら400円ですよね。

そしてさらに引かないいけないのが、FBA倉庫に送る配送料金です。仮に200円とします。するとあなたに残る利益は、200円となります。

これだけとられるとさすがにamazonFBAの手数料が高いと思っちゃいますよね。

もちろん配送料を安くすればもっと利益が上がりますし1商品だけをFBAにおくることはないので実際は1000円の商品を販売するともっと利益がでます。

結構利益取られますよね。少し脱線しましたが、アマゾン、FBA手数料を考えると50%近くになります。大口出品者を利用するともっと安くなります。また今回は1000円という安い販売価格なので割合が高いですが、仮に2000円とします。

  • 基本制約料・・・・・・100円(小口出品者の場合)
  • カテゴリー制約料・・60円
  • 販売手数料・・・・・300円
  • 在庫保管手数料・・・・・5円
  • 配送代行手数料・・・・・172円
  • 配送先指定手数料・・・・5円

同じサイズの商品だと配送代行手数料が変わりません。そのため2000円-642=1358円です。約30%が手数料になります。手数料をどこまで計算するかは人によって違ったりします。

大体20-30%と考えても良いかもしれませんが、販売する商品の価格が安いほど手数料の割合が高くなります。ここですこしお話を変えますが、このアマゾンから取られる手数料が20-30%って高いと思いますか?

”めっちゃ高いでしょ!”そうですよね。普通の感覚からいうと高いです。でも実はこれあまり高くはないんです。

みなんさんはアフィリエイトというビジネスを知っていますか?あなたのサイトで誰かの商品を紹介してあなた経由で売れるとあなたに広告料としてお金が入ってくるシステムです。

このアフィリエイトでもしあなたが自分の商品を販売したとします。仮にあなたの商品を紹介してくれた人経由で商品が売れたとします。その人に支払う金額っていくらぐらいだか知っていますか?

だいたい50%以上になることが多いです。とても人気のアフィリエイター(アフィリエイトをする人のことを言います)さんにお願いすると売り上げの80%ぐらいを払うのもめずらしくありません。

アフィリエイトでの手数料を考えるとアマゾンの手数料20-30%ってそれほどでもないと思わないですよね。アマゾンはとても人気のサイトです。日本でここ以上にあなたの商品を販売してくれるサイトはないと思います。

仮にあなたの商品を人気のアフィリエイターさんに紹介して販売してもらった場合の手数料が80%、反対に日本で一番人気のサイトで商品を販売してもらった場合手数料が20-30%とどちらが安いですか?

こう考えるとamazonFBAの手数料って高い!って思えなくなりますよね。

AmazonFBAの手数料って実は高くないのです!

AmazoFBAのたくさん手数料を見て手元に残る金額を見ると確かに手数料は高いです。でももしこのサービスを使わなかったらあなたの扱う商品はそもそも売れません。

売れなければ手数料がどうとか言えませんよね。商品がしっかり売れるのがアマゾンです。FBAサービスはさらに便利な機能もたくさんあります。商品を販売をするのに時間や手間が省けます。

これを利用しない手はありませんね。AmazonFBAの手数料を高いと思っている方は、この手数料を払うことであなたの商品が売れることや商品を販売するのにかかる手間や時間が短縮されることに目を向けてみると考え方が変わるかもしれませんね。

FBAを利用してあなたの売り上げを上げていって下さいね!

スポンサードリンク



追伸

副業初心者からでも1日10分で1万円が14日間で稼げるようになる88分のオンライン講座を今なら無料でプレゼント中です。

さらに今なら出品コメントテンプレート!(テンプレートはコピペ可!)ライバル不在の売れる商品リスト集10選(ずっと使えるリストです!)もプレゼント中です。

1日10分で1万円稼げる!副業初心者のための14日間無料オンライン講座!はこちらから→14日間オンライン講座

追伸2

このブログの順位は現在何位?


せどり ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です