amazonFBAに返品されないための梱包方法!

アマゾンのページを見ると梱包方法に関する注意点がたくさん紹介されています。正しく梱包しないと返品されてしまうと書かれているのでアマゾンFBAに商品を発送する時とても不安になりますよね。

でも実は梱包のポイントをおさえれば返品されることはほとんどありません。今回はamazonFBAの梱包方法についてご紹介していきます。

スポンサードリンク



amazonFBAへの梱包の時に必要なものとは?

-shared-img-thumb-yuka160113574105_TP_V

amazonFBAの正しい梱包方法を考える前に必要なものが揃っていないと梱包ができません。梱包をするのに必要なものは以下のものになります。

・緩衝材

FBA 梱包方法3

緩衝材は商品が傷つかないようにするために必要不可欠なものです。上図のように”プチプチ”でも良いです。もし緩衝材にお金をかけたくない場合は、新聞紙を利用すると良いでしょう。

・OPP袋

FBA 梱包方法1

OPP袋とは、水濡れや傷が付かないようにする袋です。目的の1つに見栄えをよくする点もあります。これから紹介するラベルシールを直接商品に貼らないようにするためにもこういった袋を利用するのも良いです。

・OPPテープ

FBA 梱包方法2

このテープは、「配送用ラベル」を貼り付けるためにも必要なテープです。またOPP袋のあまりを貼り付けるのにも必要なテープです。

・ダンボール

ダンボールには、実はサイズがあります。サイズを気にしなければスーパーなどで無料で手に入ります。

・コクヨのラベルシール

FBA 梱包方法4

「商品ラベル」といってあなたが取り扱う商品のバーコードを隠すのに必要なラベルシールです。商品から剥がし易くするためにも綺麗にはがせるラベルシールもありますので、ぜひ活用してみてください。

スポンサードリンク



これらの物品は必ず必要なものです。せどりを始める前に購入してください。たくさん購入するとインターネットなどでは1個辺りの単価が安くなります。

しかしせどりを始めたてのときは、せどり自体続けられるかがまず分かりません。そのため最初の内はたくさん購入しすぎないようにしてください。まずは少ない量からはじめて継続することができれば大量購入を検討してみましょう。

amazonFBAから返品されない梱包の注意点とは?

アマゾンFBAに商品を送って本当に返品されるの?って思うかもしれません。実はアマゾンページにこう書かれています。

商品は納品時の梱包形態を以って、そのまま消費者へ販売されます。必ず販売できる梱包形態での納品をお願いいたします。

梱包要件を満たしていない状態で着荷した場合や、納品時に不備が発見された場合は、受領拒否、着払いにて返送、または手数料を請求する場合がありますのであらかじめご了承ください。

あなたがせっかく送った商品も着払いで返されてしまうことになります。そんなことにならないためにも梱包の注意点をしっかりと把握しましょう。

アマゾンで書かれている梱包の注意点は以下になります。

  • 配送ラベルには、必ずFBA商品であること、PO/納品番号を明記してください。

  • 輸送箱には「配送ラベル」を貼付してください。規定の配送ラベルが貼付されていない場合、受領拒否、着払いにて返送、または手数料を請求する場合がありますのであらかじめご了承ください。

  • 輸送中およびAmazon.co.jp配送センターでの入荷受付時に中身が十分保護されるよう、輸送に耐える標準的な梱包をしてください。

  • 使用できる緩衝材は、クッション、エアキャップ、紙に限ります。

  • 輸送箱への異物混入(例:カッター、はさみ、書類など)は作業者や購入者様の安全に関わるため、梱包の際に必ず確認してください。

  • 商品ラベルは、不用となった際に剥がすことができる剥離タイプのものをおすすめします。特に書籍など、商品本体に直接ラベルを貼付する場合は、剥離タイプの使用が望ましいとされています。(例:コクヨKPC-HH124-20(66.0 mm x 35.0 mm)など)また、剥離タイプを使用していない場合は、書籍自体をシュリンクラップ等で個包装した上からラベルを貼付することをおすすめします。なお、出荷作業時の損傷につながるおそれがあるため、シュリンクラップの個包装には、余分な透明フィルムに空気が入らないよう商品にぴったりと巻きつけてください。

簡単に言うと

・「輸送箱」に「配送ラベル」を貼る。ラベルはきちんとバーコードを隠す。

・使用できる緩衝材は、クッション・エアキャップ・紙だけ

・輸送箱への異物混入(例:カッター、はさみ、書類など)は駄目です

ということです。これらの条件をまとめると、”お客さんに安全なように異物は入れずに商品は崩れないように緩衝材を入れて、正しい配送ラベル・商品ラベルをはりましょう”ということです。

これらの梱包要件はきちんと守りましょう。

正しく梱包をしていけばFBAでほとんど受け取り拒否をされることはありません。

アマゾンのページを見るとよく受け取りができませんと書かれていることがありますが、実際はamazonFBAが出している注意点に沿って梱包を行っていけば受け取り拒否をされることはほとんどありません。

amazonFBAへの正しい梱包方法を行って安心してせどりに取り組んでいってください。

スポンサードリンク



追伸

副業初心者からでも1日10分で1万円が14日間で稼げるようになる88分のオンライン講座を今なら無料でプレゼント中です。

さらに今なら出品コメントテンプレート!(テンプレートはコピペ可!)ライバル不在の売れる商品リスト集10選(ずっと使えるリストです!)もプレゼント中です。

1日10分で1万円稼げる!副業初心者のための14日間無料オンライン講座!はこちらから→14日間オンライン講座

追伸2

このブログの順位は現在何位?


せどり ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です