FBA発送でサイズオ-バ-をすると起こるとても怖いこととは?

FBA倉庫の発送をするのにサイズに関する決まりがあるのを知っていますか?FBAへ商品を発送するときサイズオ-バ-をしてしまうと実はとんでもないことが起こります。

とんでもないことが起きる前にFBA発送前のルールともしサイズオーバーをしてしまったらどうなるのかを紹介していきます!

スポンサードリンク



FBAのサイズに関する決まりとは?

-shared-img-thumb-DB88_debupizza15133151_TP_V

FBAに商品を配送する場合は、商品のサイズに関しての決まりがあります。下の表を見てください。

FBA サイズオーバー

商品のサイズは、小型・標準・大型に分けられます。それぞれのサイズは以下のもので決まります。

  • 商品のサイズと重量
  • 輸送する箱のサイズと重量

この2つのサイズでそれぞれのサイズに分けられます。よく使うのが小型・標準サイズ商品が多いですので、この2つに関して紹介していきます。

小型商品は、商品のサイズに関しては、25×18×2cmより小さいかつ250g未満 輸送箱は50cm x 60cm x 50cm以内かつ30kg以内と決まっています。これを超えると標準サイズになります。

標準サイズは、商品のサイズに関しては、45×35×20cmより小さいかつ9kg未満 輸送箱は、50cm x 60cm x 50cm以内かつ30kg以内と決まっています。これを超えると大型サイズになります。

結構細かくて面倒ですよね。こんな知識を知らなくても適当に送ればいいんじゃないか?と思ってしまいますよね。実は私もせどりを始めたての時は同じ様に思っていました。

ではなんでこれを知らないといけないのかというとFBAそれがFBA出荷手数料です。これはFBA出品をしていて売れた時にかかってくる手数料になります。

どれくらい違うのか?手数料に関しては、こちらを参照して下さい。→ FBA出荷手数料に関して手数料の一覧表を下に載せます。

大型商品 梱包②

標準のサイズを例にとると、FBA出荷手数料99円になります。(メディア以外)大型になると525円かかりますね。標準サイズか大型サイズかの違いで約450円の差が出ます。これ結構大きな金額ですよね?

もしあなたが扱う商品が数百個になるとしたら、、、、、あまり計算したくない損ですね(笑)。反対に言えばこれをしっかりと意識するだけ手数料が抑えられるのでしっかりと違いを知りましょう!

まとめるとFBAに送る商品のサイズで3つの分類をすることができます。これを知らないとFBA出荷手数料で損をしてしまうことになりますのでしっかりと把握しておいてください。

スポンサードリンク



FBA倉庫を利用すればたくさんの商品が一度に送れます。しかし実は一度に送れる商品のサイズや重量に決まりがあります。FBAでサイズオーバーをしてしまう容量について次に紹介します。

FBAでサイズオ-バ-をしてしまう容量とは?

FBAでサイズオ-バ-をすると受領拒否されてしまう容量や決まりがあります。アマゾンの規約を確認してみましょう。

①「商品の大きさ」の決まり:商品1点の三辺が50cm x 60cm x 50cm以内かつ30kg以下

商品を入れる箱の決まり:50cm x 60cm x 50cm以内かつ30kg以内

②「商品の大きさの決まり」:商品1点の三辺が50cm x 60cm x 50cm以内より大きいまたは、30kgより重い
※3辺合計170cm以内、40kg以内

商品を入れる箱の決まり:規定なし、ただし40kg以下

  • 「15kgを超過している場合は、必ず天と側面に「重量超過」と明記してください。」
  • 納品の際に使用できる輸送箱のサイズ・重量は50cm x 60cm x 50cm以下、かつ30kg以下です。
  • サイズ・重量を超えた輸送箱での納品は受領拒否の対象となりますのでご注意ください。商品のサイズ・重量が上記の規定を超えるものについては上記規定の対象外です。ただし、商品1点1輸送箱で納品ください。

15kgを超える商品に関しては、”重量超過”を記載しないといけませんね!これを記載しないとアマゾンから返品されてしまいます。またサイズに関しては特に厳格になっています。

商品のサイズが、50cm×60cm×50cm以内で30kg以内の商品の場合は、梱包するダンボールは50cm×60cm×50cm以内のサイズでないと駄目ですよ!ということになります。つまり必要以上のダンボールのサイズを使わないようにして下さい。

ただし商品のサイズが50cm×60cm×50cm以上や30kgを超えてしまう場合は、梱包した輸送箱が合計40kg以内でないといけませんよ!という規定もあります。これを超えてしまうものに関しては、FBA出品ができないということになりますのでご注意くださいね!

後もう1つ受領拒否されてしまうものとして、”ダンボールの加工の禁止!”があります。こういったダンボールは一発で返品されてしまいます。

大型商品 梱包⑦

(アマゾンより抜粋)

以前は商品のサイズに合わせて加工してもFBAで受け取ってくれましたが、現在ではすぐに受領拒否される対象になるそうです。そのためダンボールは加工をしないように注意しましょう!

梱包に関するルールは他にもあります。一度アマゾンのルールを確認しておくことをお薦めします。→アマゾン梱包要件

アマゾンのルールを知らないではすみません。もし知らなくて返品されても文句は言えませんので必ず確認をしておいてくださいね!

FBAでサイズオ-バ-してしまうとどうなる?

ルールにもありますが、サイズオ-バ-をしてしまうと基本は着払いで返品をされてしまいます。もしあなたがFBA倉庫に送るのに1500円かかったとします。着払いでさらに1500円かかったとします。

しかもその商品を再度出品をしてFBAに送るのにまた1500円かかりますよね。つまりFBA発送でサイズオ-バ-で返品をくらうと単純に考えると配送料が3倍近くかかってきます。

これってとても大きいですよね。もし薄利多売で商品を販売していたら配送料だけであなたの利益がなくなってしまいます。

ちなみにもしFBAでサイズオーバーで返品をされると影響が出るのは配送料だけではありません。あなたの扱っている商品がどのくらい出品が遅れるかを考えてみてください。

仮に2日でFBA倉庫に着いたとします。その後商品を検査されて返品を食らったとします。返品されるのがどのくらいの期間で返品されるか分かりません。仮に5日ほどかかったとします。

その後に再度FBAに配送をして2日かかるとします。もしFBAよりサイズオ-バ-にて返品されるとアマゾンに出品されるのが、1週間以上遅れる可能性があるんです。もし新品の商品で価格変動が激しい商品であれば出品が送れるのは命取りになりますね。

このようにFBAより返品をされてしまうと配送料が3倍かかるのと、商品の出品が送れるため利益が減ってしまう可能性があります。アマゾンのル-ルをしっかりと守りあなたの利益を守っていきましょう。

FBAサイズオーバーを気にする前に確認しておかないといけないこととは・・・

FBAサイズオーバーをするとまずいということを知ったと思います。実はサイズオーバーを気にする前に必ず確認をしておかないといけないことがあります。それは、FBAにあなたが扱おうとしている商品が送れるの?ということです。

FBAには送れる商品が決まっています。FBAに送ってはいけない商品を知らないとそもそもあなたの仕入れた商品の利益が出ないことになります。「えっ?FBAに送ってはいけない商品があるの?」もしそう思った方は、こちらの記事を読んでおいて下さい。→FBA出品禁止商品を簡単に知る方法!

先程も言いましたが、アマゾンのルールを知らない!とは言えません。しっかりと利益を守るためにもFBA禁止商品を知っておいて下さいね。

FBA出品の際は、サイズオ-バ-をしないように発送を心がけましょう!

今回は、FBA出品でサイズオーバーをしてしまったらどうなるのかをご紹介していきました。FBA発送の際は、重量に関してきちんとした決まりがあります。この決まりをやぶると商品が着払いで送り返されてしまいます。

着払いの料金も結構な金額ですが、あなたが扱っている商品がもし新品商品ですぐに売りに出さないと商品の値段が下がってしまう商品だとしたらどうですか?

利益がとても下がってしまいますよね。受け取り拒否をされてしまうとそれだけで商品を販売する機会を逃してしまう可能性があります。

アマゾンFBA発送の際はサイズオ-バ-をしないようにきちんとルールを守って発送をしましょう!

サイズオーバーもそうですが、アマゾンにはルールあります。もしあなたがFBA禁止商品を知らなければこちらの記事を読んでおいて下さい。→FBA出品禁止商品を簡単に知る方法!

スポンサードリンク



追伸

副業初心者からでも1日10分で1万円が14日間で稼げるようになる88分のオンライン講座を今なら無料でプレゼント中です。

さらに今なら出品コメントテンプレート!(テンプレートはコピペ可!)ライバル不在の売れる商品リスト集10選(ずっと使えるリストです!)もプレゼント中です。

1日10分で1万円稼げる!副業初心者のための14日間無料オンライン講座!はこちらから→14日間オンライン講座

追伸2

このブログの順位は現在何位?


せどり ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です