FBA で指定されている危険物とは?

FBAってどの商品でも利用できる印象がありますが、実は危険物に指定されている商品があるって知っていましたか?

もしFBAに危険物を送ると無条件で返品されたり罰金が発生したりします。罰金を払わないためにもFBAで指定されている危険物についてご紹介していきます。

スポンサードリンク



FBAで指定されている危険物って何?

-shared-img-thumb-PAK51_midorinoekitaidoku_TP_V (1)

アマゾンFBAで実は危険物とに指定されている商品があるのを知っていました?実はアマゾンではこういう定義がされています。

国際規制および欧州の規則では、危険物を不適切に保管、輸送、または取り扱った場合に、人々、動物、または環境に危険を及ぼす純粋な化学物質、混合物、生産物、または製造物と定義されています。

ちょっと難しいですよね?具体的にどんなものが入るのか?こんなものがあります。

  • 爆発物

  • 圧縮ガスまたはエアゾール

  • 可燃性液体または固体

  • 酸化剤

  • 毒物

  • 腐食性材料

  • 車両バッテリー

  • リチウムイオン金属電池およびリチウムイオン電池、主要な商品にこれらの電池が内蔵または付属している商品

確かに危険なものですね。おそらく危険物として指定されている商品はFBAの倉庫に保管をしておいて商品が劣化してしまうや爆発する危険性があるもの長期保管しておくことで危険な化学物質が発生してしまうものが対象になるようですね。

詳細なものは危険物商品一覧(←をクリックするとアマゾンページに飛びます。)のページをご覧ください。

スポンサードリンク



意外なものとして、文房具のマーカーや体温計(水銀が入っているもの)、おもちゃなどの製作キット(接着剤が入っている可能性があるため)なども危険物の対象となるため注意してください。

FBA危険物商品を送るとどうなるの?

FBAに危険物は基本出品登録ができないようになっていますが、出品登録できてしまうものもあります。そのためあなた自身でFBA登録の時には危険物商品を見極める必要があります。

もし間違って出品禁止の商品をFBAに配送された場合無条件で返品されます。しかも商品が返品される場合は、着払いで配送業者や配送方法もアマゾンにゆだねるしかありません。

さらに怖いことにアマゾンのページにこのように明記されています。

重要:FBA商品の出品、納品要件や安全上の注意、出品禁止商品を順守しない場合は、Amazonフルフィルメントセンターでの商品の受領拒否、出品者負担による在庫の返送または廃棄、フルフィルメントセンターへの納品の停止、追加の梱包作業で発生した手数料の請求、出品権限の一時停止、または罰金の支払いなどの措置を取る場合があります。

納品する商品が危険物として規制されているかどうかを確認するのは、出品者の責任です。この資料はあくまでも参照用資料です。法的な勧告ではありません。商品に関する法律および規則についての質問がある場合は、法律顧問に相談することをお勧めします。Amazonフルフィルメントセンターに納品された危険物は、たとえ過去に危険物として特定されていないものでも、規制の見直しなどにより廃棄の対象となる場合があります。その場合、補てんはされません。

罰金の支払いの措置がある場合があるそうです。しかも過去出品しても大丈夫だったものも今は受け付けない場合もあるそうです。

しっかりと危険物かどうかを見極めないといけませんね。もし自分の出品する商品が危険物に該当するかどうか不安な方はアマゾンセラーセントラルに一度聞いてみることをおすすめします。

FBA危険物商品をかんたんに見分ける方法

FBAに指定されている危険物をかんたんに見分ける方法が実はあります。これが”アマゾンセラーアプリ”になります。

アマゾンセラーアプリ(クリックするとアマゾンのページに飛びます。)

FBA 禁止商品

このアプリを使うとどのようにFBA危険物商品が分かるのか?アプリを使って商品を調べます。すると下図の枠が出てきます。

FBA 禁止商品③

枠内のマークが出てきたら”FBA危険物商品”です。ページをさらに開くと下記のように出品ができない詳細が表示されます。

FBA 禁止商品②

このアプリを利用すれば仕入れをする前にFBA危険物商品だか分かります。ぜひ使える人はアプリを取り込んで仕入れの際に役立ててください。

もしアプリがない人はやはりセラーセントラルからFBA登録をして危険物かどうかを確認しましょう!

FBAに危険物を送らないように正しい知識を知っておきましょう!

FBAに危険物を送れない商品について知ることができたと思います。ただし先ほどの意外な商品がありましたね。文房具のマーカーやおもちゃの製作キット(接着剤が入っている可能性があるため)なども対象になってしまいます。

今回の対象となる商品をもう一度見て危険物にあたりそうな商品は仕入れないように日々注意していきましょう。アマゾンの危険物に関する考え方のページを載せておきます。一度確認しておいてくださいね。→アマゾン危険物に関するページ

スポンサードリンク



追伸

副業初心者からでも1日10分で1万円が14日間で稼げるようになる88分のオンライン講座を今なら無料でプレゼント中です。

さらに今なら出品コメントテンプレート!(テンプレートはコピペ可!)ライバル不在の売れる商品リスト集10選(ずっと使えるリストです!)もプレゼント中です。

1日10分で1万円稼げる!副業初心者のための14日間無料オンライン講座!はこちらから→14日間オンライン講座

追伸2

このブログの順位は現在何位?


せどり ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です