面倒なことになる前にFBA倉庫の固定化をしましょう!

FBA倉庫の固定化が今必要不可欠になっています。fbaの商品登録をしていざラベルシールをコピーしようとすると商品ごとに配送先ラベルが違うことに気が付きます。「マジか・・・。面倒だし配送料が高くつくなぁ~」とならないように対策を立てる必要があります。

今回はFBA納品をする時に面倒なことにならないためのFBA倉庫の固定化についてご紹介していきます。

スポンサードリンク



FBAの倉庫ってどこにあるの?

-shared-img-thumb-SAYA151005270I9A83772_TP_V

FBA固定化を考える前にFBA倉庫ってどこにあるか知っていますか?FBA倉庫には以下の倉庫があります。アマゾンFBAを利用するにはFBA倉庫がどこにあるかを理解することは必要不可欠です。

FBA倉庫の住所とともに以下に乗せておきます。

FBA 固定化②

あなたが配送するところから近いところのFBA倉庫を知ることでFBAへの配送料が分かってきます。近くのFBA倉庫を知ることでどのくらいの配送料がかかるのか?を知ることができます。配送料を知ることであなたが商品を仕入れるかどうかの判断にもなります。

ちなみに一番近いからといって一番近い倉庫に送られるわけではありません。FBA倉庫によって小型、標準、大型と扱える商品が異なってきます。

FBA 固定化①

小型・標準の場合は、小田原FC・堺FC・鳥栖FC・市川FC・多治見FCがあります。(FC:アマゾンフルフィールトメントセンター)大型商品の場合は、川島FC・大東FC・鳥栖FC・八千代FCがあります。小型&標準・大型の場合は、川越FCになります。

各FCによって扱える商品を知ることはとても大事です。一番近いからあなたの取り扱う商品が全て送れるわけではありません。

スポンサードリンク



FCの場所やあなたが取り扱う商品をどこのFCだと一番近く扱っているかを知りあなたの配送料を把握するようにしましょう。しかしこれだけでは不十分です。FBA固定化とうことをしないといけません。次に紹介していきます。

FBA倉庫を固定化をしないと実は一番近いFCに送れません・・・

先ほどあなたの取り扱う商品をどこのFCだと一番近くで取り扱っているのかを知りましょう!とお伝えしましたが、実はこれだけではあなたの近くのFCに遅れるようになるわけではありません。

なぜかというとあなたが送るべきFBA倉庫はアマゾンが決めるようになっています。あなたがいくら近くのFCに送りたいと思っても実は何もしないと送れません。アマゾンのページには下記のように紹介されています。

2015年6月1日以降

購入者の需要分布と各フルフィルメントセンターの在庫のバランスなどの要因をもとに、以下の中からAmazonが最適と考える納品先フルフィルメントセンターが指定されます。納品手続きの都度、商材、サイズごとにいずれかのフルフィルメントセンター 1か所が納品先として指定されますのでご注意ください。

注意

  • 2016年2月22日(月)をもちまして、多治見フルフィルメントセンター(以下、FC)での大型商品の取り扱いならびに納品の受付を終了いたします。すでに多治見FCに納品している大型商品は販売を継続いただけますが、2月22日以降は新規に納品を作成することはできません。あらかじめご了承ください。本件の詳細は、よくある質問をご覧ください。
  • 2015年10月21日より納品先指定手数料の課金を開始しておりますが、技術的な問題により請求が遅れております。大変ご迷惑をおかけいたしますが、実際の請求時期など詳細が決まり次第お知らせいたします。 →引用先

つまり商品数が多いものはあなたの近くのFCではなく商品がバランスよく振り分けられるようにあなたの配送先のFCが決まります。そのためあなたがいくら近くのFCに送りたいと思ってもできないのです。

あなたが商品を毎回登録するたびに送ることができるFBA倉庫が異なります。商品によっても異なるので一度の登録作業で送るべき倉庫が複数存在するようになります。梱包が面倒になるし配送料も多くかかってきます。

このためにFBA倉庫の指定をすることが大事になってきます。次にFBA倉庫の指定(=固定化)の方法をご紹介していきます。

FBA倉庫の固定化をするための方法!

FBA倉庫の固定化をする重要性は分かってもらえたと思います。FBA倉庫の固定化をするための方法を紹介していきます。アマゾンのセラーのページをまずは見てください。→セラーページ:FC先変更について

Q&Aのページになります。このページの一部を抜粋してきました。

FBA 固定化③

ここには、”納品先FCを出品者様が任意に選択することはできません。”と書かれています。つまり毎回の商品登録で納品先FCの指定ができないとかかれています。

この先を見ていくと”FCを固定化することについて”下記のように書かれています。

FBA 固定化⑧

つまりFC小型・標準サイズ商品(ファッション以外)の納品先: [ 小田原 FC(FSZ1)、堺 FC(KIX1)、鳥栖 FC(HSG1)、市川 FC(NRT1)、多治見 FC(NGO2)]から一つ選択 、大型サイズ商品(ファッション以外)の納品先:[ 川島 FC(HND3)、大東 FC(KIX2)、八千代 FC(NRT2)、鳥栖 FC(HSG 1)]から一つ選択をしなさいと書かれています。

あなたが利用するのに一番近いFCを選んでください。これを考えたら次に納品先フルフィルメントセンターを固定化するための登録を行います。こちらのページを参考にして下さい。→納品先フルフィルメントセンター指定のページ

クリックするとこちらのページに移動します。

FBA 固定化⑤ FBA 固定化⑥

必要事項を明記して”送信”ボタンを押すと登録ができるようになります。FCを固定化しないと配送料が大幅に変わってきます。配送料が一定でないとあなたの売り上げが商品を納品するごとに毎回変わってしまうので必ず登録しておいてください。

登録自体は数分で終わりますのでしっかりと行いましょう!

FBA倉庫の固定化のための手数料とは?

FBA倉庫の固定化のためには手数料がかかります。手数料に関するページはこちらになります。→FBA倉庫固定化のページ

FBA 固定化⑦
  • 小型商品(1個辺り)・・・・5円
  • 標準商品(1個辺り)・・・・8円
  • 大型商品(1個辺り)・・・・9円

「1個あたりにまた手数料がかかるの・・・」と思うかもしれませんが、別々の倉庫に送ることを考えたら安いものです。こういった手数料は必要経費だと思った方が良いです。

仕入れをする際には、この固定化に伴う手数料も考えないと実は利益がなくなってしまうことになります。出品手数料とともにしっかりとFBA固定化の手数料の把握もしてください。

せどり、転売は準備が全て!

おそらくこの記事を読んでいるあなたは、すでに転売をしていると思います。もし仮に今後転売で売り上げを数倍に上げたい人は、こちらを読んでみてください。実は転売は準備が一番大事なのです。

いきなり転売で仕入れにいっても中々仕入れができません。電脳せどりという方法も同じです。パソコンでいきなり検索をして売れる商品を探しても見つかることは稀です。

なぜかというと準備が不足しているからです。「じゃあどういった準備があるの?」と思うかもしれません。準備には、仕入れをするための準備、販売をするための準備、配送をするための準備、商品登録のための準備、商品を梱包するための準備とたくさんあります。

これらの準備をしておかないといきあたりばったりの転売になってしまい稼ぐことは難しいです。もし転売で稼ぐのがいまいちなんだということであればまずはそれぞれの準備がどの程度進んでいるのかを把握して不足しているところを補っていってください。

FBA倉庫の固定化をして面倒な作業を減らしましょう!

今回はFBA納品をする時に面倒なことにならないためのFBA倉庫の固定化についてご紹介していきました。FBA倉庫の固定化をしないと一度の商品登録で送るべき倉庫が複数存在してしまいます。

正直こうなってしまったらおそらく面倒でせどり自体をやめてしまうと思います。せっかく仕入れた商品をなるべく販売できるようにするためには、FBAを固定化しておく必要があります。

FBA倉庫の固定化には手数料がかかりますが、手間を考えるととても面倒ですので必要な経費と考えてください。FBA倉庫の固定化を取り入れて面倒な作業を減らしていきましょう!

FBA倉庫に送るのに、実は便利FBAパートナーキャリアという方法があるのを知っていますか?興味のある方はこちらがおすすめです→amazonfba倉庫に着払いで送れるパートナーキャリアとは?

スポンサードリンク



追伸

副業初心者からでも1日10分で1万円が14日間で稼げるようになる88分のオンライン講座を今なら無料でプレゼント中です。

さらに今なら出品コメントテンプレート!(テンプレートはコピペ可!)ライバル不在の売れる商品リスト集10選(ずっと使えるリストです!)もプレゼント中です。

1日10分で1万円稼げる!副業初心者のための14日間無料オンライン講座!はこちらから→14日間オンライン講座

追伸2

このブログの順位は現在何位?


せどり ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です